「プラチナエイジズラボ」です。

プロフィール

はじめまして!
「プラチナエイジズラボ」の前多と申します。
今65歳です。

55歳の頃から、何か判らないけれど、未来の自分に対してモヤモヤしていました。体力的にも段々自信がなくなるし、シワも増えるし、写真を撮ると「こんな感じになるのか・・・」と写真が嫌になり、ウィンドウに映る姿にドキッとし、段々自分が好きでなくなる事がありました。

そんな時、一般社団法人「プラチナエイジ振興協会」の一般部門(夢フェスティバル)が募集している事を知り、即、応募して入賞をいただきました。

そのご縁から毎年、「プラチナエイジ授賞式」には参加させていただいています。毎年、たくさんの素晴らしい人たちが受賞されます。

初代一般部門で賞をいただいた一人として、たくさんの素晴らしいプラチナエイジストを増やそうと思い、「プラチナエイジズラボ」を立ち上げました。

プラチナエイジの皆様が自分らしい人生をカッコよく、最後まで輝き続けるお手伝いができればと思います。

【プラチナエイジ振興協会】
https://platinumage.org/

私は、婦人服の企画デザイナーを20年間、その内12年間はチーフデザイナーとしてたくさんの洋服を創って多くの女性たちを美しくしてきました。

デザイナーは華やかに見えますが、実は黒子なのです。その1着の服を着ることでお客様が美しく自信を持って戴くように、大事な人生を謳歌して戴くように、あれこれ、あれこれ知恵を絞って考えます。

その為に生地も一から作ってもらいました。プリントの生地は6割以上がオリジナル!絵柄を描いてもらってプリント生地にしました。

また、海外の生地もたくさん使いましたし、シャツには銀座の英國屋に置いてあるようなメンズ用の生地を使いました。良い生地は洗濯しても振るだけで着られるとの声も戴きました。

お陰様でお客様にはとても喜んでいただきました。女性が大好きな香水瓶をプリントにしてブラウスを作ったのも、とても評判が良かったです。

1998年に退職し、1999年に主人と2人でWEB制作の会社を作りました。今年で21年目になります。アパレル時代とWEBの画像制作とあわせて40年間以上、モノ創りをしてきたことになります。

どちらも着た人が、また、HPを見た人が喜んでくださるように、心を込めて一生懸命、創ってきました!

クライアント様に企画を提案するために考えたり、色々するのですが、自分でも説明のつかないモヤモヤがずっと溜まっていました。

色々な本を読んだり調べたのですが、どの脳学者の説明も判りはするけれど、納得するというか、心から腹落ちしなかったのです。

それが、「なるほど!確かに、そうそう!!うん、うん、これもある!ある!」と納得したのが「黒川伊保子」先生の著書でした!

それからは伊保子先生の著書を片っ端から読みました!
(内容的には割と似たような内容が多いのですが・・)

でも、これさえ知っていれば夫婦や恋人同士が喧嘩したり、冷たいと思って、悲しんだりしないで済んだのにと思いました。みんなが知らないのなら、少しでも判りやすくお伝えしたいと思います。

男女の脳について知れば知るほど、それぞれの脳に愛おしい思いが込みあげてきます。

最初、女性脳を知った時には女性脳の素晴らしさに感心したのですが、男性脳について知れば知るほど、一途な男性脳も素晴らしいと思います。

そんな私の経験から、同じようにモヤモヤしているとか、旦那様が冷たいと感じ、段々側にいるのが苦痛になる奥様の為に、解決策や、考え方をお伝えしようと思います。

そして、2020年、今までの経験を全て活かした「プラチナエイジズラボ」を立ち上げました。内容は追ってご紹介します

「人生100年時代」まだまだ、私たちは旦那様と仲良く元気で周りも明るくしながらいきたいと思うのです。一度立ち止まって次のステージを考えながら仕切り直しをしていかないといけないと思うのです。

どう賢く、セカンドライフを生きていくか、一緒に考えて、オシャレにカッコよくなりませんか?

タイトルとURLをコピーしました